• HOME
  • 記事
  • ニュース
  • 7/11(土)オンライン開催「書く・伝える」に本気で向き合う1DAY講座 作文の学校【参加者募集!】

7/11(土)オンライン開催「書く・伝える」に本気で向き合う1DAY講座 作文の学校【参加者募集!】

ニュース

みなさん、こんにちは!縁側編集長のきうらゆかです。

とよたでつながるローカルメディア縁側をスタートさせたのは、豊田市で人・自 然・地域と関わりを持ちながら、自分らしい生き方をする人たちについて伝えたい!という想いがきっかけでした。

文章を読んだ後、心が動き、明日からの日々をちょっと違う気持ちで過ごすことができる、今までとは違う選択をするようになる。それが、より良い個人・ 地域・社会・世界を作っていくことにつながる。そう思ってメディアを運営しています。

今回、そんな秘めたチカラを持つ「書く・伝える」をテーマに学ぶ『作文の教室』を開催します。講師にお迎えするのは、ウェブメディアとしては大先輩であるgreenz.jpの副編集長スズキコウタさんです。

受講後、縁側編集部と関わりを持ちたい!応援したい!という想いのある方を 特に歓迎しますが、
そうでない方でも、この機会に、「書く・伝える」ことに 真剣に向き合いたい、新たな仲間づくりをしたい方なら大丈夫。
一緒に、「伝えたい」を形にする時間を楽しんでみませんか。

こんな人にオススメ
・ライターになりたい人
・とよたでつながるローカルメディア縁側に今後関わりたい人
・プライベート・仕事などで対外的に文章を書く機会がある人

 

こんなことが学べます
・執筆スキル ・自分が伝えたいことと向き合い、可視化する方法
・文章を書いて発信することの本質的価値

講師

スズキコウタ 
さん
greenz.jp副編集長。1985年生まれ。
greenz.jpの記事企画・マネージメントの責任者をつとめる一方、ライターインターンを数多く育成。現在は、自らのビジョンを表現し波及させていける人びとを育成するため、「作文の教室」の講師を日本各地でつとめる。「2kai Productions」のメンバーとして、ミュージシャン・選曲家・フリーランスエディターとしても活動中。
Twitter: @2kaiprod
Profile: http://about.me/kotasuzuki
Essays: Tiny Little Thingz


当日のプログラム

・チェックイン
・縁側について
・グリーンズとは?
・グリーンズにとって記事とは?なぜあなたは伝えたい?
・今日の目標設定 ・ワークショップ1-良い文章とは何だろう?
(休憩)
・ワークショップ2-みんなで記事を書いてみよう:事前情報整理+リサーチ ワーク
・ワークショップ3-みんなで記事を書いてみよう:所定テンプレに沿ったラ イティングワーク
・グループ発表―講師の簡易添削
・チェックアウト

※事前宿題あり

 

講師メッセージ:なぜ作文の学校なのか?

はじめまして、こんにちは!greenz.jp副編集長のスズキコウタです。

2016年夏から、「作文の学校」1Dayクラスとゼミを開講していて、毎度満員。とても多くの方々に受講いただいていること、非常に嬉しく思います。今回、みなさんのまちに(オンラインですが)お伺いすることが楽しみです!

とはいえ。僕は、もともと編集者を志していたわけでもありません。そして、どこか学校などで編集・執筆技術を学んだこともありません。なので、僕が作文技術を教えるだなんて、少しおこがましい話ではあります。

しかし2013年にgreenz.jp編集部に参加して以降、大先輩である鈴木菜央編集長・兼松佳宏元編集長の指導を仰ぎながら、かつ自分自身でトライ&エラーを重ねてきたことで、僕なりの書き方や企画のつくり方が見えてきました。

やがて僕が気づいたのが、いい文章の書き方を知りたい、企画書を上手く書けるようになりたいというニーズが非常に多いことでした。

ならばと始めたのが、1日で超初級編を学べる5時間のクラスでした。やがてスキル習得に特化したゼミクラスを開講し、「書くこと」「伝えること」を僕も一緒に考え学ぶリアルな教室をつくろうと始めたのがゼミです。

新しい社会をつくりたい。
新しい価値観を提案したい。
そんな思いで、NPOやベンチャーやマイプロを立ち上げたり、そういう団体・企業に属している方に僕は多く出会います。

そんな彼らの奮闘する様子を見ていて僕が思うのは、クリエイティブになる方法やマネタイズも大事だけど、自分の考えをどのように表現し波及させていくか、試行錯誤でやっちゃってない?ということです。

伝え方や表現の仕方をちゃんと学べば、もっと飛躍できるのに……もったいない!という歯がゆさを感じます。(上から目線ですみません)

だからこそ「作文の学校」は、ライターや編集者を志す方だけの居場所にはしていません。執筆や編集スキルを職能として身につけるだけでなく、社会を前進させる人びとをエンパワーできればと思っています。

そんな思いもあって、昨今、ライタースクールや編集者スクールが増えている中で、今回の僕のスクールはスキル習得を重要視したプログラムデザインをすることで、すぐに学んだことをみなさんの現場で実験できるようにしました。

そしてもちろん同時に、「自分の大好きなまちの魅力を発信したい」「地域コミュニティの仲間を増やす呼びかけを上手くしていきたい」「まちを魅力的にするため始めた活動の拡大につなげたい」というニーズにも寄り添うことで、作文講座を通じた日本の地域活性化にも貢献したいと考えております。

 

 

開催概要

日程

7/11(土)13:00~18:00

会場

このクラスは、100%オンラインのクラスです。
無料ビデオ会議ツール「Zoom」を使用します。
Zoomのダウンロードはこちらから。事前に登録とダウンロードをお願い します。

参加費
一般(豊田市内在住) 5,000(円) 
学生(  〃 在学在住) 2,000(円) 
一般(豊田市外在住) 8,000(円)
 
受講の特典
・講師が作成したオリジナル教材や資料
・受講者と縁側編集部のFacebookグループへ招待
・縁側ライター、編集インターンの募集時の優先的な案内

定員
20名
※定員に達し次第、受付を停止します。お早めにお申し込み下さい。

申込み締切
7月5日(日)23:00

お申し込み方法
下記のボタンをクリックしてお申し込み後、決済をお済ませいただきましたら、正式受付となります。
※決済はVISA、MASTER、JCB、AMEX、Paypal、コンビニ/ATMが利用可能です。

 

お申し込みは、こちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA