• HOME
  • 記事
  • ニュース
  • 民間事業者からの提案を募集〜重要伝統的建造物群保存地区・足助の町並みの中心にある「旧田口家住宅」活用方法

民間事業者からの提案を募集〜重要伝統的建造物群保存地区・足助の町並みの中心にある「旧田口家住宅」活用方法

ニュース
 
足助の町並みは、2021年に重伝建地区選定10周年を迎え、足助の地域住民で構成する重伝建地区選定10周年事業実行委員会と行政が1年間を通じて活動。その集大成として、重伝建の足助の町並みでの暮らしを伝えていくための本『やっぱ 足助 いいじゃん!~あかりのつながる足助の町並みと暮らし~』が制作され、縁側編集部も連動した記事をいくつか作成させていただきました。
 
 
この足助の町並み(重要伝統的建造物群保護地区)の中心にある商家の建物「旧田口家住宅」。こちらの建物が足助の町を活性化させる場所となるよう、活用に向けた改修が予定されており、改修後の活用方法や運用方法などについて、豊田市が民間事業者などから提案を受ける市場調査を行います。
 
 
以下の概要をご覧いただき、興味をお持ちの方は市役所ホームページで詳細をご確認ください。
 
 

市場調査の概要

1 日時

令和6年1月15日(月曜日)~1月19日(金曜日) 午前10時~午後5時までのうち、(注釈)1事業者あたり30分~1時間程度

2 場所

足助支所(足助町宮ノ後26-2) (注釈)リモートでの参加も可能

3 対象者

旧田口家住宅の運営主体となる意向を有する団体・法人(複数の法人による共同提案含む)又は自らが有するノウハウや技術等により活用方法を提案できる団体・法人

4 提案項目

以下の3項目のすべて又はいずれかの項目について、足助まちづくりビジョンと下記【事業の目的】の内容を踏まえ、民間事業者が運営可能な事業提案。 

  1. 旧田口家住宅の活用方法について
  2. 旧田口家住宅の活用を踏まえた必要な整備(施設及び備品等)について
  3. 上記の整備に必要な概算費用と、市と事業者の役割分担及び負担割合について
  4. 上記を実現するために最適な運営方法と費用について
  5. その他、(1)~(4)に付随して事業実施にあたって行政に期待する支援や配慮等のご意見について

【事業の目的】

提案にあたっては、以下の目的が達成されることを前提としてください。
(1)地域連携・地域貢献
地域住民と連携し、地域住民の暮らしの豊かさや向上につながる地域貢献に資する機能を有すること
(2)将来のまちの活性化につながるような発展性のある事業
地域住民や観光客等が集う場の提供等、足助の町並みの発展や地域コミュニティの維持につながるような事業であること。
重要伝統的建造物群保存地区の拠点的施設として、国指定重要文化財の旧鈴木家住宅と連携した事業であること
(3)持続可能な運営スキームの導入
民間のノウハウを活かした、自立的かつ持続可能な仕組みによる運営をすること
(4)地域経済へ波及効果のある事業
足助地区に関係人口を創り出し、香嵐渓園地等の周辺エリアを含めた足助のまち全体の活性化の視点をもった事業であること

5 参加方法(事前申込制)

エントリーシート【別紙】及び提案書(任意様式)を、令和5年12月15日(金曜日)から12月25日(月曜日)までにメール、郵送、支所へ直接持参等で提出(エントリーシート等を支所に直接持参する場合は平日の午前8時30分から午後5時15分まで)

縁側編集部

14,056 views

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA